0 Comments
僕がゲイになったのは、はっきり言って親父のせいです。初体験の相手は親父です。

最初は小学5年の時でした。一緒に家の風呂に入っていた時に親父が「カズキも俺のチンポみたいに大きくなりたいだろう」って自分のデカチンをブラブラさせながら僕に言った。「うん」って答えると、僕を浴槽の縁に座らせ僕の前に座りこんだ。
すると、いきなり僕のチンチンの皮を剥いて「こうやって皮を引っ張って頭を出しておくんだぞ」と言った。「痛いよ」と言うと「毎日やってると慣れるから我慢しろ」と言った。

それからというもの顔を合わせる度に「むいてるか?出して見せろ」と言うのが日課になった。
うちは両親は僕が小学校に入った年に離婚してて、親父と2人暮らしだったんだ。だから朝から台所でチンチンとか出しても問題ない(?)んだよね。
半年くらいたった頃かな、また一緒に風呂に入ろうって事になって、服を脱ぐ時にしっかりむいて入ったら「えらいぞ」ってほめられたよ。
そしたら「ちゃんと言う通りにしたから良いことしてやろう」と言って僕を立たせるといきなり僕のチンチンをくわえた。
「ああ」って腰を引こうとすると、腰をがっちりつかまれて逃げられない。僕は気持ち良くなってしまって、勃起しちゃったら、親父はネットリと僕のチンチンをしゃぶった。
とってもいい気持ちだった。5分ぐらいしゃぶって、ようやくチンチンから口を離すと「これはチンポが大きくなるおまじないだ。人に言うと効き目がなくなるから絶対言うなよ」と言われたので、僕は頷いた。それからは寝る時にも「おまじないするか?」と聞いてきた時にはあの変な気持ち良さがあったからしゃぶってもらっていた。
6年生の夏休みの時にいつものように風呂場でしゃぶってもらっていた時、いつものように気持ちが良くなったと思ったらオシッコが出そうになって「とうさん、おしっこ出そうだよ」と言ったら「いいから出してみろ」と言って口を激しく前後に動かしたんだ。
「でるぅ」って言うと、いつものオシッコが出る時とは違う感じだった。親父は僕が初めて出した精液を飲むと「カズキもこれで立派な大人だな」って嬉しそうに言った。

「いいか、大人になると気持ちいい時にチンポから白い液が出るようになるんだ」と言うと、すっかりギンギンにそそり立った自分のチンチンをしごいて精液を出してみせた。
その頃から他人のチンチンに興味が出てきて親父の隠し持っていた外国のゲイポルノでオナニーするようになり、親父のあのまじないもフェラチオだという事がわかったけど、気持ちがいいので知らないふりをしていた。

夏休みが終わり9月になっても暑い土曜日の夜のこと、親父がトランクス一枚でソファで寝そべっていた。「父さん風邪ひくよ」と言うと、全然起きる気配がない。トランクスの隙間から親父のデカチンがちょっと頭を出していた。
もうそれが気になって目が離せなくなった。気づいたら親父のチンチンを触っていた。親父のチンチンはムクムクと頭をもたげ、あっと言う間にでかくなった。もう何のタメライもなく親父のチンチンをそっと口に含んでみた。
親父のチンチンはデカくて頭をくわえるので精一杯だった。僕のチンチンは痛いぐらいにビンビンになっちゃって3~4回しごいたらいっちゃった。こぼさないように手のひらで受け取り慌てて手を洗いにいって親父のところに戻ると「うとうとしてたらたっちゃったよ。さあ、もう寝るかな」ってトランクスがテントはったまま寝てしまった。
もう僕はドキドキでもっと親父のデカチンを見たいっておもったので、次の日の夜「久しぶりに一緒に風呂に入ろう」っていった。その頃どんどん身長が伸びて160cmぐらいになってたから、浴槽には一緒には入れなかったけど、背中の流しっこはやっていた。
初めに僕が親父の背中を流したんだけど、「全部洗ってやるよ」と言うと親父は「そうか悪いな」って言った。手足を洗い終わって前に回り込み泡だったタオルを親父の胸に当てると親父はビクンとして目を閉じた。胸から腹、大事な所とタオルをすべらせていくと「そこはデリケートな場所だから手で洗ってくれ」と言った。
僕はセッケンを両手で泡立てるとすでに半立ちになっていた親父のチンチンに手を伸ばした。指のまわりきらない太い竿には太い血管が浮かびあがり、重く大きな金玉、エラがはってパンパンになった亀頭。まさに理想的な大人のチンチンをていねいに洗った。お湯をかけて泡を流すと「気持ち良かったよ。カズキのチンポもビンビンだぞ」っていって僕のチンチンをつかみしごき始めた。「ちょっと待ってろ」といってチンチンから手を離すと、両手でセッケンを泡立て、僕と自分のチンチンに塗り付け二本のチンチンを合わせてしごき出した。あまりの気持ち良さに足がガクガクして立ってられなくなった僕を親父はしっかりと支えてくれて、ほぼ同時にいってしまった。

両親が離婚した理由は親父がホモだからというのが大きな理由だったと後で本人が教えてくれた。母親が一方的に親父に惚れて、一回だけHしたら僕が出来ちゃってって事らしい。
その後母親は別に男をつくってさっさと出てっちゃったんだって。そういえば夜に知らない男の人がよく家にいたなって思ったんだけど、中2の春休みにその頃親父が付き合ってた大学生と3人で温泉に泊まった時。
広い家族風呂が貸し切りになったんで男3人で入った。親父が「カズキもずいぶん体がでかくなったな。チンポも成長してるかな。」って僕のチンチンを触ってきた。「やめてよ、ノブさん止めてよ」って大学生に助けを求めた。
ノブさんが笑いながら一応止めようと近づいてくると、親父はノブさんのチンチンもつかんで「どっちが大きいかな」って言った。「一彦さん、そんな事すると勃っちゃうよお」って困った顔をしたけどまんざらじゃなさそうだった。ノブさんはチンチンをつかまれたまま、親父に唇を合わせると親父は僕のチンチンから手を離し、スポーツで鍛えてるというノブさんのお尻に手を回して熱く抱きしめた。二人は洗い場に抱き合いながら横になると僕が見てるのも忘れたようにHを始めた。僕は親父が他の男とHをするのを見て異様に興奮した。
「続きは布団の上で」と言って二人が離れると、親父はさっさとあがってしまった。ノブさんは「カズ君もこっちの人なんだ。でも子供には刺激が強すぎるよね」と言ってウインクして出ていった。部屋で夕飯を食べ終わり、3人でダラダラとテレビを見ていたら、二人はなんとなくイチャイチャし始めた。「俺たちは先に寝るぞ」と言うと布団が敷いてある部屋に二人で消えていった。ふすま一枚しかないから喘ぎ声が丸聞こえ。
もう気になってそっとふすまを開けると親父とノブさんがつながっていた。親父のデカチンを尻につっこまれてヒィヒィよがっているノブさんと目があってしまった。ふすまを閉めようとすると、一瞬手招きをしたように見えた。僕は浴衣もパンツも脱いで部屋に入ると、ノブさんがぼくのチンチンに手をのばした。親父と目があったが、ぶっとんでいるようだった。ノブさんが僕のチンチンをしゃぶってくれた。気持ちよさにぼーっとしてると親父の顔が近づいたと思う間もなく唇を吸われた。僕はとにかく懸命に親父の唇をむさぼった。まず僕がいって、ノブさんがいってしまったが、親父はいかなかった。親父はコンドームを外してゴロッと横になると、僕とノブさんで親父のデカチンを二人でペロペロキャンディをなめるみたいになめた。
すると、僕のお尻に手が伸びて来てヌルッという感触の後に何かが僕のお尻の穴に入ってきた。ノブさんが「力抜いて。深呼吸」というので言う通りにすると深く入ってきた。グリグリとかきまわされると「二本いくよ」という声と同時に痛みが走った。
何か強い刺激臭のするものが鼻の前にあてがわれると頭がボーッとしてきて、痛みが遠のいていった。「カズキ立って」と言われるままに立ちあがると、足の間に誰かが滑り込み仰向けになった。「そのまま腰を落として」ノブさんの声に導かれるまま腰を落とすと、尻の穴に何かが当たった。「ゆっくり息をはいて」何かが僕の中に押し入ってきた。一番太い所が過ぎるとそれは動きを止めた。「もう一度深く息をして・・・一気にいくよ」。メリメリメリと深く僕を貫いたのは親父のデカチン。お腹の中に何かがいっぱい詰まって、息が出来なくなったけど、もう頭の中はぐるぐる回って気持ち良くてしょうがなかった。
「カズ君初めてなのに一彦さんのデカマラすっかりくわえ込んですごいな」
熱い何かが吹き出したと思ったら「あ、カズ君トコロテン!」という声が遠くで聞こえた。

次の朝、目を覚ますと三人とも素っ裸で寝ていたようだ。さすがにノブさんは若いだけあって朝立ちでビンビンだ。思わず手を伸ばすとノブさんは僕を抱き寄せ朝のキスをしてくれた。「夕べの事覚えてる?」「何となくは」「実のお父さんとやるってどう?」「え~わかんないよ初めてだし」と言うと「ホントに初めて?カズ君、マジエロいよ」「お尻痛いよ」「そりゃそうだよ、いきなりあんなデカイの入れたら。入れるのとどっちが好き?」「ほんとやるのは初めてだったからどっちなんて言えないよ」「じゃ、俺のに入れてみる?」そう言うが早いかノブさんは僕のチンチンをくわえた。僕もノブさんのチンチンをくわえた。ノブさんはころがっていたローションを僕のチンチンとノブさんのお尻に素早く塗ると、僕に跨がり夕べの僕がしたみたいに僕の上に腰をおろして、僕のチンチンを飲み込んでいった。暖かくぬめった感触がチンチンを包み、ノブさんが腰を上下に動かした。
ノブさんは大きな声で喘ぐと「もっと突いて!」と言った。ノブさんは僕の上でクルリと向きをかえて背中をむけると「後ろから」と言って手を取り、僕を起こした。
四つん這いになったノブさんを後ろから突くと「カズくん、いいよぉ!」と喜んでいたけど、僕はいまいちという感じだった。親父が目をさましてデカチンを扱きながら立ち上がり「若いやつは元気だな」と笑った。「一彦さん、カズ君は入れられる方が好きみたいだよ」と言うと「三連するか」といってニヤニヤしながらローションを手に取ると、僕のお尻の穴に塗りつけた。親父が僕に覆いかぶさると固いチンチンを僕に差し込んだ。ヌルリと親父を飲み込むと「ああ、カズ君、中で固くなったよ」と嬉しそうにノブさんが言った。二人の男に挟まれて、僕はこれまでに感じたことのない満足感の中で果てた。それ以来、恋人が出来るまで親父とはけっこうHしちゃったよ。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

相田スミト
Posted by相田スミト

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。