0 Comments
テンプレ その1:2009/07/02(木) 00:09:46 ID:???

尻穴を責められた経験があるのは少数派?
大学生の頃、終電逃して仕方なく繁華街のピンク映画館でぼーとしてたら、
たぶん20代後半くらいの、リーマンっぽいスーツ男に誘われて、いろいろと経験した訳なんだが。

隣の席に座ってチンポ扱かれたり、胸のボタンを二つほど外してシャツの中に手を差し込み、
下着がわりのTシャツ越しに、乳首を爪でカリカリ掻いたり転がされたりしてたんだけど、
最後には映画館で暗いのを良い事に、ズボンとパンツ脱がされて(完全にじゃなくて片足だけ抜いて)、
両足を両隣の肘掛に乗せて、尻を前に突き出すようなM字開脚で、チンポと尻穴を責められた。

相手は椅子と前の座席の隙間にしゃがんで、クリームを塗った指で穴の周りをマッサージしてきた。
指の腹で揉み込まれて、肛門がヒクヒクして緩んできたら、指を穴に差し込んできたんだけど、
何の抵抗も無く滑らかに入ってきたんで正直驚いた。
初めて尻穴を責められたんだが、正直言って気持ちいいのか悪いのか良く解らなかったし、
穴の中はあまり感覚が無かったけど、なぜかチンポは痛いくらいビキビキに勃起していた。

それから、尻穴に指をヌルヌル抜き差しされながら、亀頭にローション垂らして強めに握り込んで、
まるでバイクのアクセル吹かすみたいな動きで、亀頭だけぐりんぐりんローリングされて責められた。
気が遠くなるほどの物凄い快感で、そのまま握り込んだ相手の手の中に射精させられた。
相手は俺が射精しても手を離さず、そのまま精液をローション替わりにしてローリング責めを続けて、
明け方まで、何回射精したかわからないくらい、ずっと責められたよ。

また合う約束とか何も無しに、映画館出るときそのまま別れたけど、後になって少し後悔したw

6 :テンプレ その2:2009/07/02(木) 00:10:23 ID:???
相手が恐ろしく高レベルだったからなw
なにしろローションでヌルヌルになってんのに、あまりの快感に身をよじっても、射精して腰がガクガク跳ねても、
亀頭を握った手が蛭みたいに吸い付いて離れないんだから。
チンポ全体を根元から鷲掴みにされてんならともかく、まるで車のシフトノブ掴むみたいに先っぽの亀頭だけ握られて、
摩擦熱で火傷しそうなほどギュルギュルえぐり回されてんのに、チンポぜんぜんスッポ抜けないしw

気が狂いそうになって無意識に腰を浮かせて逃げようとしたら、尻穴に突っ込んだ指をフックみたいに曲げて、
逃げようとする反対方向に引っ掛けて押さえ込まれるしw
手で止めようとしたら、その手で自分の足を抱えてるように命令されて、気持ち良すぎてぜんぜん逆らえなかったw
暗くて狭っ苦しい映画館のシートの中で悪戦苦闘しながら、命令されるまま両手で自分の膝裏あたりを必死に抱え上げて、
もう気持ち良すぎて狂いそうになってんのに、その上まだ無抵抗で相手に尻とチンポを差し出してるしw

いや、ホントあの時はマジやばかったっすw
それまで完全にノン気だったのに、いつの間にか見ず知らずの男に一晩中チンポ扱かれて、初めての尻穴にも指二本抜き差しされて、
歯を食いしばって声を噛み殺しながら、男の手で何度も何度もイかされて、泣きながら精液搾り取られてるしw
なんつうか、自分にあれほどのMっ気が隠れてたなんて、その時までは夢にも思ってなかったわw
つうか、そこまでやられるとは思ってなかったしw

我慢できずに声が出そうになったら、映画館の入り口で配ってたポケットティッシュを二つ折りにして、
マウスピースみたいに口に咥えさせられたり、狭くて暗い映画館のシートの隙間でも自由に動き回ってたし、
たぶんその映画館がその人のホームグラウンドだったんだろうけど、そういう所なんかも含めて、よほど男遊びに手馴れてる感じだった。
この人とはこの時限りだったけど、もう何回か会って責められたら、間違い無くMのゲイかバイに完璧仕込まれてたと思うww

7 :テンプレ その3:2009/07/02(木) 00:10:58 ID:???
うはww
まさにそんな感じw
それで両手で足を抱えてたら、まさにあの日の俺w
まあ俺はそんなに体の線がガッチリしてないけど。

俺の時は、尻穴に指を抜き差しされたり、深く差し込んで直腸の奥を探られたりしながら、
亀頭だけ延々とローリングされて、「出したい?」って訊かれて頷いたら、その時だけ激しく竿を扱かれた。
ちなみに尻穴と亀頭だけだと、気が狂うほど凄まじい刺激なのに、何故か射精しにくかった。
だから出す時は、片手で亀頭をこね回しながら、もう片方の手でペニスを扱かれて射精させられた。

射精中もずっとローリングされて、萎える暇もなく立て続けに強制勃起させられたんだけど、
射精中から射精後しばらくの間は、なんか亀頭が異常なほど敏感になって、気持ち良すぎて苦しいというか、
このまま責められ続けたら、本当に気が狂ってしまうんじゃないかって恐くなった。

でもその感覚を超えて責められ続けていると、すぐにまた出したくなってしまって、「出したい?」って訊かれたら、
何もかも忘れて、猿みたいに射精することしか考えられなくなって、ガクガクと必死に頷いてしまっている俺がいた。
で、射精の瞬間は天にも昇るような快感なんだけど、次の瞬間には、また気が狂うんじゃないかって恐くなって、
射精したこと後悔するんだけど、亀頭をこね回されるとまたすぐに射精したくなって・・・以下延々とw

なんかもうね、完全に手玉に取られてたというか、言いなりのオモチャあつかいだったと思うw
まあ男に体を許したのはその時限りで、けっきょくゲイにもバイにもならなかった俺だけど、
今でもたまに、あの時のことを思い出してオナることがあるよ。
でも再現不能なんだよね、あのテク・・・
自分でやろうと思っても、根元や竿を掴んで固定してないと、すぐに握った手から亀頭がスッポ抜けちゃう。
風俗で嬢にいろいろリクエストしてやってもらっても、「コレだ!」という刺激には出会えなかったし。

もう何年も前の話だから今更だけど、あの後すぐにあの映画館に通えば、もう一度会えたかもしれないと思うと、
ちょっともったいなかったかなって思う・・・

8 :テンプレ その4:2009/07/02(木) 00:11:40 ID:???
あれってそういう技だったのか!
スゲー!ゲイってスゲー!
素直に感心したw
よく「女の愛撫の仕方はレズに聞け」っていうけど、男の場合も同じなんだなあ。
っていうか、あの体験を思えば納得するしかないww

ついでに言うと、その人はテクが凄いだけじゃなくて、すごい優しくて紳士な人だったよ。
最初にキスとかフェラとかアナルセックスとか、そこまでディープなのはNGって言ったら、
こっちが正体無くすほど蕩けて言いなりになっても、ちゃんと最後までその一線は守ってくれたし。
触られるのはいいけど、こっちから触るのは無理ってワガママも、快く受け入れてくれたし。
アルコールティッシュを持ってて、チンポに触る前に手を拭いて消毒してくれたし。
終わったあとも、ローションと精液まみれになったチンポや、クリームでぐちゃぐちゃになった尻穴や、
汗と涙とヨダレでベトベトになった顔や胸元なんかも、隅々まで丁寧に拭いて綺麗にしてくれたし。
腰が抜けて身動き取れなくなった俺を気遣って、動けるようになるまで隣にいてくれたし。

ホントいい人だった。
男の俺から見ても綺麗でかっこいい人だったし。
当時の俺にもう少し思い切りがあったら、マジでその世界に飛び込んでたかもしれないw

具体的な名前はちょっと・・・
ていうか、実はその映画館の名前を知らないんだ。
終電逃して、ホテルに泊まるほど金なくて、でもそこらで雑魚寝するには寒い季節で、
仕方なくオールナイトで上映中の、適当なピンク映画館にもぐりこんだんだ。

9 :テンプレ その5:2009/07/02(木) 00:12:15 ID:???
これもある意味、”男に射精させられた”ことになるのかもだw

それにしても、あの体験には色々と考えさせられた。
それまでセックスなんて、口やマンコや手で”こすって→気持ち良くなって→射精する”くらいにしか考えてなかった。
気が狂うほど気持ちイイのに射精できないなんて想像もできない世界だった。
っていうか、どうも亀頭だけコスられて射精できないけど気持ちイイのと、チンポ扱かれて射精させられて気持ちイイのって、
それぞれ独立した別の機能みたいな気がする。
チンポ全体を扱かれて射精させられる時より、亀頭だけコスられてる時の方が、気持ち良さでは明らかに上だったし。

チンポの構造とか、亀頭の扱いかたとか、尻穴の味とか、自分の身体なのにそれまで自分じゃ何も知らなくて、
みんなその時その人の手で教えられたようなもんだった。
あの時されたことを思い出しながら、自分で同じように亀頭だけコスってみたら、確かにそれまでのオナニーとは別次元の快感だった。
それまでは普通にシコって射精する快感しか知らなかったし、風俗だって射精させることを考えてサービスするもんだし。
まあ他人の手で気が狂うほど責められるのと違って、自分でやるとどうしてもそこまで徹底できないんだけど。
限界のずっと手前で、射精して楽になりたいのを我慢できないんだよね。
尻穴も表面を擦るか、せいぜい指先を浅く抜き差しするくらいで、奥まで差し込んで掻き回す勇気は無いし。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

相田スミト
Posted by相田スミト

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。