0 Comments
まだ中学に入って間もない頃の話です。部活の時間に3年生のH先輩の指示で,体育館の倉庫の整理をしていた。そこに5・6人の3年生が入ってきた。

「おう!H!探したぞ。久しぶりだなぁ。」と,大きな声で言った。
そしてH先輩の周りを囲むようにした。H先輩は逃げようとした。
すると,「おいおい。なんだよその反抗的な態度は。俺達の言う事が聞けないのか。」
と,その男たちが言った。この男たちはこの学校の番長で,リーダーはAだ。

HはAに「お願いだよ。だって1年生も見てるんだよ。頼むからさぁ。」
すでに泣きそうな顔をしていた。しかしAは「じゃあ,1年にも見てもらおうぜ!」
と言ってHを5・6人で持ち上げた。「この跳び箱が丁度良い高さだな。」
と言い跳び箱の上にHを寝かせた。
Hは「何でも言うことを聞きます。何でも言う通りにしますからやめてください。
お願いです。」何度も言った。

A達は全く聞かず,Hの上半身を脱がした。このH先輩は背が低く,とても3年生とは思えない。丸々とした体系,裸を見ると肌はツルツルだ。
ズボンに手をかけたAは「もう3年にもなったんだからちゃんと毛生えただろ。」と言った。
あとで聞いた話だとHは2年まで毛が生えてなく,毎日のようにパンツを脱がされていたようだ。
だから久々の毛チェックだった。

Aはズボンとブリーフを一緒に持って,一気に足首までずり下げた。
Hのちんちんが目に入る。体同様丸々として思ったよりも大きい。
さっきAが言ったように,跳び箱の上に寝かせたので,とても見やすい。
床に寝かせるのとは全然違う。ちんちんの血管や玉袋のシワまでばっちり見える。少しですが,ちゃんと毛も生えていた。
最近生え始めたようだった。

そのチン毛を見たAが「なんだ毛生えてるじゃんお前も大人の仲間入りだな。」と,大声で笑った。
そして「大人ならオナニーもやってるんだろう。」と聞いた。
Hは「嫌や,やめてそれだけは勘弁してください。A君お願いです。」何度も大きな声で助けを求めた。
するとAの仲間がHのブリーフで口を押えた。

Aが両手でHのちんちんを弄繰り回す。どんどん大きく,太くなっていく。「ヨシ!これでピンコ立ちだな。」と笑った。長さは僕のより短いが,とても太く,握りごこちの良さそうなちんちんだ。玉袋もでかい。目の前で他人のちんちんを,しかも目の前で拝めるなんて思ってもみなかった。

Aは左手で玉袋を,右手でサオをしごきだした。かなり力強いしごき方だ。
しごくたびに先っぽの皮がめくれ,ピンク色の部分が見え隠れする。
しばらくすると先端に白い液体が浮かび上がる。あっ!先走りだ。
やっぱり感じてるんだと思った。Hの顔を見ると,もうブリーフは被せていない。
口を半開きにして息も荒い。
そして,「あぁ,だめだ。もう・・・ぼく・・・もう・・・ぼく・・もう・・・アー。」
絶叫とともに大量の精子が勢い良く飛び出した。
大半はHの顔にかかった。

Aは「随分溜め込んだだろう。こんなに出しやがって。」と言いながら,残りの精子を搾り出していた。
その精子を生えかけの毛に塗り,カミソリを出した。なんと精子をクリーム代わりにして毛を剃り始めたのだ。
そして剃り終えてAは,「やっぱりHはパイパンが似合うな。」と言って倉庫を出ようとした。
するとHが「僕のブリーフ返してよ。」と泣きながら言った。
Aは,「返して欲しかったら,そこで自分でオナニーしてみろ。」
僕なら絶対しないだろうと思ったが,Hはその場でしごきだした。
でも「さっきイッたばっかりだから,もうイかないよ。」と泣いていた。
Aはブリーフを返し,「また楽しませてくれよ。」と言い残して出ていった。

僕はブリーフをHの所まで持っていってあげた。
靴下以外は全裸という,何とも滑稽な格好で泣いていた。
この日以来この出来事を思い浮かべてオナニーした。
そのため,今ではHのような人がタイプになりました。A先輩ありがとう。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

相田スミト
Posted by相田スミト

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。