0 Comments
僕たちの友達にDというやつがいます。そいつはまあリーダーづらをする奴なんです。
最近Dが少し調子に乗ってるというので僕たちで懲らしめてやろうということになりました。
僕たちがDをどうやってこらしめるか考えているとDが僕たちのところにきて『今度遊ぶときAのこと脱がしちまおうぜ』と言ってきました。
「なぜか?」と聞くと『なんとなくおもしろそうだから』と言ってきました。僕たちはそれを裏目にとることにしました。
次の日曜日は一人の家が誰もいなくなるのでそいつの家で遊ぶことにしました。その前の日にDも含めて7人(Aはいない)で集まってどうやってAを脱がせるかの話し合いをしました。ちなみに僕ら8人は同じ部活の友達です。
Dは『脱がせるだけじゃなくてむしろ脱がせてから何をさせるかがメインだろ』などと言っていました。そして具体的にはどうやって脱がすのかという話になりました。
Dは『こんなに人数いるんだから力押しでいいでしょ』と言いました。みんなうなずきました。
「脱がしてからどうする?」 Dは『まずは逝かせるべきだろ。逝ってからのほうが恥ずかしさは100倍くらいますからな』「たしかに、んでそのあとは?」
『服返してほしければいうこときけって言ってM字開脚でもさせてみんなでかんしょうじゃね?』「いいね、それでやめる?」『まああとは毛でも剃ってやれば?Aのちんこのでかさにもよるけどたぶんそんなにでかくないから小学生みたいな感じになるぜきっと』
「おぉ。それでやめるか?」『最後に撮影会でもさせてあげればみんなで記念撮影』「そりゃAのやつ完全に恥ずかしすぎて死んじまうな」
そして話し合いがおわって解散・・・・のあとにDの代わりにAをいれて話し合いました。結局今日Dが提案したものをそのままDにやることになりました。
当日。A以外は全員集合しました。Dが『じゃあAがきておれが今だっっていったらやろう』と言ってました。
そしてAは来ました。Dはにやにやしています。軽く話した後にDが『今だと言いました』僕たちはAにとびかかりました。Dは率先していっています。そしてその次の瞬間ぼくらはDに狙いを変えてとびかかりました。Dはなにするんだと言っていました。
「悪いけどお前が言ったことそのままやってあげるよ」『おい、やめろよ。やめろー』ぼくらはあっといまにDをあお向けにして取り押さえました。そして最初に上半身を裸にしました。
Dは『やめて、脱がさないで、見るな』と裏切った僕たちに懇願するような目で叫んでいましたが。僕らはそんなのを聞きませんでした。
せーの、と言って一気にDのパンツとズボンをおろして脱がしました。Dは完全にすっぽんぽん。そして真ん中あたりには黒い毛の中から棒が1本生えています。しかしDのちんこはどうみても10センチあるかないかくらいのものでした。『あーーやめろーーーー』 「うわーこれは小さいだろ」「しかも包茎じゃん」などなどいろいろな言葉が飛び交います。
『もうやめてくれ』「おい、その態度はなんだよ」『やめてください・・・』「やめるわけないだろ、なんだっけこの後はまず逝かせるんだよな?」
そう言って、僕らはDのあそこを軍手をして上下させました。「こんな小さなやつからちゃんと発射されんのかよ」「普段あんな態度でかいのにちんこは小さいんだねー」『やめろー逝く、逝く・・・あっっ・・・あーーー』ピュっと白い液が飛び出した。
Dは腰をぴくぴくさせている。『はあ、はあ』「おいおいこんなので疲れちゃダメでしょ」「この後はM字開脚してもらうから」
Dは言われるままにM字開脚をしました。勃起していても10センチあるかないかのちんこは今じゃほんとに赤ちゃんのちんこくらいの大きさまで小さくなっていました。それをみんなで眺めながら「これは高校生のちんこじゃねえだろ」「てかこれには毛なんてないほうがあってるだろ」
『それだけはやめてーーー』しかし僕らは剃ってあげた。
「つるつるじゃん」「かわいいおちんちんですねー」そして最後にみんなで写真を撮りました。その写真のおかげて、Dはそれからも遊ぶときはよく裸にされていました。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

相田スミト
Posted by相田スミト

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。