0 Comments
U君という友達がいました。Uはなんと小学3年で精通してました。なぜ知っているかというと、彼はそれを見せびらかしていたからです。
休み時間にトイレに行くと必ずと言っていいほどU君がいました。隣に行くと「見て」と言うので見ると勃起したU君のちんちんがそこにはありました。
ブリーフの窓から顔を出したちんちんはまだ小さく10cmもなかったと思いますがピンピンに固くなっているのは分かりました。白くて、青い血管が浮かび上がり、亀頭の部分が膨らんでいて、先の方だけ少し皮がむけていました。今でも忘れません。
ぼくが隣でおしっこをしている間U君は勃起ちんちんをさらしたままです。そのうちに他の友達も何人か集まってきます。笑いながら見る子や真剣な表情で見つめる子もいました。
数人の男子がU君をとりまくと「出すよ。見てて。」と言ってものすごいスピードでちんちんをしごきます。「お~!」「すげ~」「もっと早くやれ!」などの声が起きます。
数十秒しごくと突然ピタッと手の動きを止めてちんちんを離します。するとU君のちんちんはビクッ、ビクッと数回上下に動き先から少量の精液が飛び出します。多くはないけどおしっこと明らかに違うことが分かりました。
そんな感じで小学3・4年生の頃はU君のオナニーと射精を何度か見せてもらいました。
4年生で初めて性教育の授業がありました。射精のことも習いましたがその時U君の射精を見たことある人の何人かはクスクス笑ってU君の方を指さしていました。
U君には時々オナニーを見せてもらいましたが自分でもやってみようとはなかなか思いませんでした。自分にはまだ精通が来ていなかったし、勃起もあまり経験していませんでした。それにどれほど気持ちいいのか知らなかったですし。
はじめてぼくがオナニーしたのは4年生の終わり頃でした。F君という子の家でU君とぼくの3人で遊んでいた時でした。F君がU君にいつものアレ見せてと言いました。U君は迷いもなくズボンを膝まで下ろしブリーフの穴からちんちんを出して弄り始めました。
F君が「パンツも脱いでやったら」と言いました。この時なぜかU君は恥ずかしがって脱ぐのを渋りました(ちんちんはいつも見せるのに)。仕方なくF君が「おれたちも脱ぐ」と言って3人で裸になりました。いつもはU君に見せてもらうだけでしたが見せ合いをしたのは初めてでした。恥ずかしかったけど初めてエロイことをしているという気分になってテンションが上がりました。
Uがちんちんをいじるのを見てぼくとFも真似て自分のをいじりました。すると3人とも勃起してきました。初めてちんちんをいじると気持ちがいいということに気がつきました。
Uはいつものように猛スピードでしごきました。ぼくもやってみようとしましたがまだ皮が剥けないので痛くてできませんでした。Fは意外にも簡単に皮がめくれて、皮を剥いたり被せたりを繰り返していました。
ぼくがうまくしごけないのを見てU君がぼくのちんちんに手を出してきました。ぼくのちんちんも勃起してカチカチになっていましたが先までしっかり皮が被っていてぜんぜんむけませんでした。
U君はぼくのちんちんをいろいろいじってくれました。指でカリのあたりをつまんで皮を上下に動かすようにするとかなり気持ちよく感じました。ちんちんが反応してビクビク動きました。ようやくツボがわかったわけですが、自分で同じようにやってもU君にやってもらった方がずっと気持ちよかったです。だからぼくはU君とF君にやってもらうようにお願いしました。
2人は代わる代わるぼくのちんちんをいじってくれました。ぼくもU君とF君のちんちんをいじってあげました。とても気持ちがよくて興奮しましたがぼくとFはまだ射精しませんでした。U君はいつものように最後は猛スピードでしごいて射精しました。
この日から自分でも時々オナニーを楽しむようになり、U君とF君とはお互いのを触り合ったりするようになりました。F君とはさらにエロいことをするなかまで発展します。
5年生になりました。クラス替えがあってオナニー見物の顔ぶれは少し変わりました。見せてもらう場所もトイレの小便器の所ではなく個室を使ったり人のあまり来ないところを選ぶようになっていました。
5年生ともなると他にもオナニーや精通を経験する子が出てきました。U君と一緒にしごく子がいたり、「気持ちよかった~」と言いながら個室から出てきた子を見たこともあります。ぼくとF君もU君と一緒に、時にはF君とぼくの2人でしごきあいを楽しんでいました。
5年生の夏休み、F君に毛が生えてきて射精もするようになりました。ちなみにU君は4年の終わり頃生えてきてました。3人でオナニーしてるとぼくだけが毛が生えて無くて射精しませんでした。2人は体育の時とかにもパンツの中をのぞいてきて「生えたか?」とか言いました。まわりに他の友達とかがいるとちょっと恥ずかしかったです。
2学期のある日U君とF君がトイレに行くのを見ました。またやるんだと思ったので仲間に入れてもらおうと追いかけましたが一足遅く、2人は個室に入りました。ひそひそ話したり笑う声が聞こえました。F「あ~気持ち」U「声でかいよ(笑)」という声も聞こえました。ぼくはその声を聞いているだけで勃起してしまいました。中に入れて欲しいけど声をかける勇気はなかったのです。
自分もオナニーがしたくてズボンの前を手で押さえていたら運悪く友達数人が入ってきました。ズボンの上から勃起したチンチンをさすっているのを見られてしまったのです。「お前何やってんの~。エロ~い!」とか言われてしまいました。彼らは個室で何が行われているのか知りません。ぼくだけが変態呼ばわりされてしまいました。
しかもその後出てきたUとFに「お前ここでしこってたの?」と笑われてしまいました。
トイレで会った友達の何人かはUのオナニーを見たことがなかったので、ぼくだけがトイレでちんちんをいじってる変態だと思ったのでしょう。かといってU君のことを言うのも悪いような気がしました。
それからしばらくは彼らに「今日も勃起してる?気持ちいい?」とからかわれました。その中にJ君という子がいました。彼は体も大きい方だったし、きっと成長も早くてオナニーもしてるしちんちんも大きいんだろうなと想像していました。
ある日トイレでおしっこをしていたらJ君達が来ました。J君は「今日も勃起してるか?」と言いました。J君が隣の便器に来てぼくのちんちんをのぞき込み「なんだ、おしっこか」と言いました。そしてJ君もちんちんを出しておしっこを始めたのですが、小さかったです。
想像とは違うJ君のちんちんの大きさにぼくは安心してしまい、今までからかわれていたことが気にならなくなりました。むしろJ君がかわいく思えてきたのです。ぼくはなんとかJ君もオナニーの仲間に入れたいと思いました。
ぼくはU君とF君とでオナニーをする時にJ君を仲間に入れたいと思いました。(銀行の名前みたいですね笑)
そしてある日、J君をうちに誘うことにしました。UとFも誘いましたが、その時Uは来ませんでした。後で聞いたらJのことが好きではなかったらしいです。
ぼくの家にFとJが来て話をしたりマンガを読んだりしましたが、どうやってオナニーに誘ったらいいか分かりません。でも幸いなことにJの方から切り出してきました。
J「こいつ(ぼくのこと)この前トイレで変なことしてた」ぼく「あれやるとちんちん大きくなるんだよ」J「まじ?大きくなれ~」と言ってJは自分のちんちんを揉みました。
そんな感じのノリで3人でズボンの上から自分のちんちんをさすっていました。はじめJは何も感じていなかったようですが少しやってると「変な感じ(笑)」と言いました。ぼくは「もっと気持ちよくなれるよ」と言って自分のズボンを脱いでパンツに手を入れていじりました。Fもすぐに自分のパンツに手を入れました。
JはとまどっているようでしたがぼくとFを見て同じようにパンツに手を入れて揉み始めました。
「気持ちいい?」とぼくが聞いたらJは「ちょっと」と答えました。「もっと気持ちよくなる方法あるよ」と言ってぼくはパンツを脱いでちんちんをしこってみせました。F君もパンツを脱ぎました。
J君はしばらく見てるだけでしたが、ぼくとF君に言われてパンツを脱ぎました。J君のちんちんも勃起してましたが、やっぱりぼくのより少し小さかったです。ちなみに1番大きいのはF君でした。
J君もちんちんをしごきましたがぎこちない手つきだったのでぼくがJ君のをしごいてあげました。しばらくしてF君が射精しました。つづいてJ君も「あぁ~やべぇ」とか言って射精しました。
それ以来、J君とはとても仲が良くなりました。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

相田スミト
Posted by相田スミト

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。